DBO方式による浄水場等整備事業及び市内水道全施設の運転管理事業に参画~「岡山県備前市・坂根浄水場及び三石第一加圧ポンプ場整備事業」に関する契約を締結~

備商株式会社、株式会社クボタを含む民間企業グループは、この度、岡山県備前市との間で、

「坂根浄水場及び三石第一加圧ポンプ場整備事業」に関する契約を締結しましたので、お知らせします。

 

本事業はPFI法(Private Finance Initiative:民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律)の趣旨に準じたDBO(Design Build Operate:設計、建設、運転管理一括発注)方式を採用した事業です。

 

昨今、浄水場や管路の整備をはじめとした上水市場だけではなく、下水・雨水排水と重要なインフラ施設の整備・運転維持管理において、民間活力の導入が進められています。

 

当社は、上水から下水まで様々な製品・技術・サービスを通じてカバーできるエンジニアリング企業です。技術力を生かした水環境ソリューションで、今後もPFIやDBO等を通じた水インフラの持続・発展に貢献してまいります。

 

  • 契約金額:約30億円(税込)

 

  • 構成員:備商株式会社、株式会社クボタ(代表企業)、株式会社クボタ建設、東備建設株式会社、東芝インフラシステムズ株式会社、株式会社NJS、クボタ環境サービス株式会社